眠りコラム

新しい気持ちで寝具の環境も変えてみましょう。と言ってもふとんを変えるのではなく、羽毛布団のカバーや枕カバーの柄を変えると、気分も変わります。
熟睡できると言われている色は、グレーやブルー系と言われていますが、ここは好みもありますので自分が落ち着く色味を選ばれてもいいと思います。ちなみに自分は派手な目の覚めるような柄の方が好みですが、いつもぐっすり眠れています。

変える時、少し素材にこだわってみませんか?カバーの素材によって体感が変わります。これからの季節であれば、少しサラッとした素材をお使いになるといいかと思います。リネンやサッカー生地は、肌にまとわりつかないし、厚手の羽毛ふとんから少し薄手の肌布団にした時も続けて使うことが出来ます。ガーゼ生地もおすすめですが、2重や3重ガーゼだとこれからの時期は少し保温性が高くなるかもしれません。

今までカバーはどんなのでもいいと思われていた方は、違いを感じてみてください。せっかくお持ちのおふとんを、最大限いい状態でお使いいただくためにカバーは大切です。もちろん、枕カバーは特に顔まわりですので、敏感です。もう少しすると暑い夏がやってきます。そんな時化学繊維よりは天然素材の方がサラッとした感じを長く続けることが出来ます。

敷ふとんやベッドマットレスのシーツを新しいものにする時も、肌さわりを重視してください。お勧めはシーツやボックスシーツよりも敷パッドとの組み合わせをお勧めしています。季節に応じて変化させることでふとんやマットレスの汚れを少なくして長持ちさせるだけでなく、蒸れを防いでくれたり、気温の変化に対応してくれます。これからのシーズンはパイル素材や麻素材のものを選ばれるといいと思います。

カバーもなかなか買い換えるきっかけをつかみにくいアイテムです。そしてしっかり洗っていただきたいので丈夫で少し品質の良いものをぜひお選びください。そして睡眠の質を保ってくださいね!



睡眠のことや寝具のことなどお気軽にお問合せください。
(営業時間 9時~18時30分)

電話番号:083-922-0850