眠りコラム

マットレスを選びに来られる方がとても増えています。マットレス選びは毎日の生活に大きな影響があると言っても過言ではありません。
「うちはベッドじゃないのでマットレスはちょっと・・・」と言われるお客様もおられます。それはマットレスの事を知っておられないだけで、ご説明させていただくとマットレスを選ばれる事も良くあります。

さて、マットレスの種類ですがどのように区分していったらいいかをお伝えします。
・フロアーや畳で毎日ふとんをたたんでクローゼットや押し入れにしまわれる方
・ベッドで厚いマットを敷かれていて、その上に何か敷きたい方
・ベッドではあるけれどすのこベッドなのでふとんやマットレスを敷く方
・ベッドは置きたくないけれどマットを床に敷きたい方

それぞれで選ばれるマットレスの種類は変わってきます。
はじめにサイズを決めます。その後、選ぶポイントは「厚み」「三つ折りである」「ローテーションできる」「立てておける」です。
そこを決定すると今度は寝心地の確認になってきます。

サイズを決めるというのはとても重要です。例えば今までダブルで2人で寝ていたとします。毎日少し窮屈だけどこんなもんか・・と気にしていませんでした。しかし、2人の体重に差があったりするとその後選んでいく時に寝心地で悩んでしまいます。
もし場所があればシングルをくっつけるという考え方もあります。

次に厚みです。今厚いバッドマットレスであれば、年月がまだそんなに経過していなくて硬いという条件で、薄いマットレスを敷きます。腰にかかる負担がぐっと減るようなタイプのものです。

床に敷くときにはたたみ方も重要です。マジックテープでくるっと丸めるタイプは、毎日結構な負担になりますので、三つ折りタイプにされることをお勧めします。シングルで厚みがあまりなければあまり気になりませんが、当店でいうとAIRの03あたりから気になる方は多くなります。ダブルになるともっと力がいります。ですが、このタイプは立てて置いておけるので、自然に乾燥状態になり、お手入れとしては楽です。

毎日たたむことで行くと三つ折りタイプのマットレスは簡単に力を入れすに3つ折りにたたむことが出来ます。そしていいところはローテーションが出来ることです。これは車でいうタイヤのローテーションのイメージです。
これができることで、寿命がぐーんと変わってきます。

そして厚みです。ベッドに置かれるときは「ベッドマットレスタイプ」の厚めの物がしっかりしていますが、すのこタイプをお選びになるならフロアータイプでもいい寝心地で行けます。除湿シートにしっかりクッション性のあるものを選ばれると、寝心地もぐっといいものになります。

あとは、それぞれ価格がありますので、寝心地とご予算で決められるといいと思います。もし値段で迷われるようでしたらいいものを選ばれた方がいいと思います。寝具は一度買い換えたらなかなか次は買い換えないものですので、慎重にお選びくださいね!

当店ではレンタルも積極的に行っていますので、お気軽に声をかけてください。






フェイスブックやインスタでは、見ていただくとその時その時の旬な情報をお出ししておりますが、これから梅雨が始まりますのでそのあたりのお話をさせていただきます。

この時期、特に湿気が気になってきます。部屋もじめっとしてカビやすくなってきます。そんな状態の場所にふとんを敷いて眠ります。
そして汗もかき、ふとんに湿気がますますこもってきます。そうなると湿気はどこに行くかというと、ふとんの下に溜まってきます。

天気のいい時なら干してしまえばOK。風をあてて乾燥させれます。またはふとん乾燥機を普段からお使いになるならば大丈夫。
しかし、毎日それをするのは大変です。ある程度時間も必要です。
そんな時におススメなのが除湿シートです。これはふとんの下に敷くだけで、しっかりと汗や湿気を吸い取ってくれるスグレモノ。

吸い取る量によって金額も変わります。特にAIRマットレスや整圧マットレスなど、ウレタンのタイプのマットレスをお持ちの方は、毎日床に敷かれるならぜひ1枚ご用意してください。ウレタンは乾燥している状態が一番いい状態です。湿気を含んでしまうと柔らかくなってしまいます。除湿シート1枚でふとんの持ちが変わります。

まだまだ今から始める梅雨の時期。これをしっかり対策しておくことがカビやダニを少なくできるコツです。



暑くなり、羽毛布団をしまい込む方も多くなってきたと思います。もし、ご購入されて干す以外の事をされたことがないようでしたら、今年は一度メンテナンスをしてみませんか?
メンテナンスというのは大きく分けて3種類あります。①除菌消臭 ②水洗いクリーニング ③リフォーム です。
これのどれをしたらいいかは、羽毛の状態を見ることでわかります。

まずはご自分でできることをお伝えします。

①羽毛布団を広げる 表を上にして、全体が見えるように広げます。できれば平らな面の方がいいですが、ベッドの上でもかまいません。

②広げた羽毛のマス(ほぼ四角になっていると思いますが)が、どれも同じ高さかを見てください。もしかしたら真ん中の部分だけへこんでいたり、襟元だけがぺちゃんこになっているかも知れません。

③生地の状態を見てください。特に襟元が変色していたり、硬くゴワゴワになっていませんか?

④小さい羽毛が飛び出ているところがありませんか?

まずはざっとそんなところです。一つでも気になるところがあれば、まずは当店にお持ちになってみてください。状態に合ったメンテナンス法をお知らせいたします。

このメンテナンスをすることは、本当に重要な事なんです!羽毛ふとんの寿命を延ばすことはもちろん、寝心地や衛生面もかなり関係してきます。毎年メンテナンスをすることをお勧めしています。まずはご自分の羽毛ふとんの状態を知ってみてください。今年は見てもらうだけでいいか、でもかまいません。次のシーズンに向けてぜひメンテナンスの計画を立ててください。

お客様の声ですが、今まで小さい羽毛が飛んでいるのを気にせず使っていました。寝る前や朝方に鼻水やせきが出ていましたが、リフォームをしてからはピタッと止まりました。との事。このようなお客様の声は多数あります。

ぜひメンテナンスはご検討くださいね!



今日は昼間、かなり気温が高かったですね。ご来店されるお客様も「今日は暑いですねー!」と皆様言われてました。
しかし山口市は昼間暑くても夜は気温が下がります。油断すると体調を崩すことになりますのでお気を付けください。

今、羽毛ふとんと真夏のタオルケットなどの間に使うものをお求めに来られる方がたくさんご来店されます。
まわた、羽毛肌布団はとてもお勧めです。この朝晩の寒暖差を調節するにはやはり「天然もの」がいいと思います。
特にまわたや羽毛をお勧めするのはこれが理由です。

実は肌ふとんも重さがあり、ご自分のお好みに合わせて厚みを選ぶことが出来ます。生地にも違いがあり、夏に向けてあえてフィットしない生地をお使いになる方もおられます。
今年は肌面にガーゼがついているものをお求めになる方も多くおられます。

そして一番多い質問です「カバーはどうするんですか?」
これは「洗える」からカバーをされない方もおられるし、カバーをしないと嫌という方もおられます。
薄いので、フィットしにくい可能性もあります。そんな時はカバーの素材にこだわってみてください。
①ガーゼ素材②ニット素材③薄い綿サテン などが使いやすくフィットしやすいと思います。

今の季節、肌布団だけだと朝方寒いといわれる方、寝入りばなは暑いので困りますよね。
その時にはやはりもう一枚タオルケットなどを用意されて、朝方使えるようにしておきましょう。

子供さんについては、肌布団で十分だと思います。小さいお子様で心配であれば、肌布団を2つ折りにしてお使いください。
一枚で調節するコツです。

そのようなものを解消するのは「まわた」です。今年は洗えるシルクふとんも人気ですので、掛け心地をご体験ください。


当店で一番人気の「整圧マットレス」ですが、ここで体験してもらってもなかなか良さはわかりにくいです。
それで当店は積極的に一週間レンタルをお勧めしています。

先日ご来店のお客様もレンタルされ、購入されました。ご来店されたのは、とにかく眠れないし、腰も痛いしという事で、色々な店を回られたあと当店に来られました。枕が悪いのだと何個もお使いになられています。

そこでお話をお聴きするうちに、問題は「敷」の方だと思い、思い切って整圧を使っていただく事をお勧めしました。
レンタル後の感想をお聴きすると「腰と背中がものすごく楽になりました」との事。こちらはお会いしてびっくりしました。何がびっくりしたかというとお客様の顔色、立ち姿です。10日前と「全く違う」のです。顔色もよく、すっと立っておられます。

ああ、睡眠は大事なんだと頭に浮かびました。浮かびましたという言い方も変ですが、こんなに眠れると人は変わるのか!という事です。まだ、すべてがしっくりいっているわけではない様ですので、フォローはしっかりさせていただきますが、この仕事が本当に好きだなーと思う瞬間です。


睡眠のことや寝具のことなどお気軽にお問合せください。
(営業時間 9時~18時30分)

電話番号:083-922-0850