眠りコラム

今の時期、寒暖差が激しくて体調管理が難しいですね。夜睡眠時の寝具の調節が重要なポイントになってきます。
眠り始めの体感気温と朝方の体感気温はかなり違います。特に盆地の山口市は寒暖差が激しいですね!
おすすめは、ふくらはぎとおなかを温めることです。ふくらはぎをしっかりあたためると、足先の冷たさも軽減できます。靴下をはかないと冷たくて眠れない方は、ぜひふくらはぎを温めることもしてください。
また、おなかを冷やさないことも大切です。特に子供さんは大人ほど寝具を温かくしないことも大切です。ふとんをけってしまい、気づくとおなかを出して寝ている・・などを避けるため、腹巻(蒸れにくい素材のもの)を使うことは有効です。

寝具の素材にも気をつけましょう。本格的な冬の前のこの時期は、あたたかくし過ぎないをキーワードにしてくださいね。


毎日暑い日が続いていますが、ぐっすり眠れていますか?
この時期、「どうやったら寝苦しさを解消できるか」の質問を多くいただきます。
睡眠環境を整えることがとても大切な時期です。秋、夏バテを起こさないようにするために、いい眠りができる方法を実行してみましょう。

夏でも「温める」「緩める」ことは重要です。クーラーのかかった場所で長く過ごし、外に出ると暑い、また汗をかいてクーラーの中・・・の繰り返しは、自律神経に大きく影響します。冷たい部屋では緊張状態になり、おなかが冷えていることも。まずは必ず一日の疲れをリセットすることから始めましょう。

お風呂はとても冷えの解消に有効です。どうしてもシャワーの多くなるこの時期。半身浴でもかまいませんので、お風呂に浸かる習慣をつけましょう。その時にしっかりおなかをもみほぐし、緩めると効果的です。
また、おなかを冷やさないためにはらまきがお勧め。この時期にはシルクの製品なら蒸れ感もありません。

次に、ストレッチです。クーラーなどで冷えた肩回りは緊張状態が続いています。お風呂で緩めた体をストレッチでさらに緩めてあげましょう。足裏をしっかりもむことも緩めることになります。

そしてパジャマはガーゼの1重のものが快適さを保ってくれます。着てないより快適に涼しいです。

寝具環境は、一番が「背中に当たる部分」です。背中が蒸れたり暑いと感じると寝苦しさは倍増です。天然繊維の麻が蒸れ感を少なくしてくれます。また、クーラーをしっかりかけて眠るときには、脱脂綿でできた敷パッドも快適です。
掛け布団についても麻がお勧めですが、クーラーをかける場合は、冷えすぎないように羽毛や真綿をお勧めします。

意外と穴が枕カバーです。タオル地は「暑い」です。クーラーをかけない時には蒸れないものをお使いになると顔回りが快適になります。

実は、毎日過ごす環境で、快適な寝具環境は変わります。もしお困りの時にはご相談ください。しっかり睡眠環境をお聞きして、ベストだと思われる寝具をお勧めいたします。毎日の睡眠は日中の活動に大きくかかわってきますので、なかなか眠れない、途中で目が覚める、朝早く目が覚める、ぐっすり眠った感じがないなど、何かお困りの時には一度寝具を見直してみてください!




今からの季節、ぐっと寒くなってきますね。寒いときには力が入って睡眠の質が悪くなったり、肩こりや腰痛になりやすくなったりします。神経痛の方などもつらい季節ですね。
そのような時にどんな対策をされているでしょうか。靴下をはく、電気毛布を使う、など工夫をされていると思います。

寝具では、「電位・温熱組み合わせ家庭用医療機器」というものがあります。温熱の敷きふとんです。
電気敷毛布もあたたかいのですが、違いがあるのです。まずはきちんと医療認可のある家庭用の治療器です。

こんな症状の改善になります


温熱療法:疲労感・血行不良・神経痛・食欲不振
電位療法:不眠症・肩こり・頭痛・慢性便秘

冬の間は特に温熱療法がものすごい体を助けます。
ずっと一定に温めているわけではなく、快適に眠るリズムで温めてくれます。
例えば夜中にトイレに行く回数が減ったというお声が一番多く、朝までぐっすり眠れるようになると言われます。
また、朝起きてふとんから出た時に、普通だとブルっとなりますが、それがなく、温泉から出たような感覚と同じ状態でふとんから出やすくなります。

結構な優れものです。もちろん、夏は電位療法で熱はなくてもしっかり治療器として活躍します。

ぜひご体験ください。


羽毛ふとんをご購入される時、まずは何を見たり調べたりしますか?
快適に眠るための選び方を少しお伝えします。

まず、ご自分のお部屋の環境と今お持ちの寝具について考えてみてください。
部屋は気密性がいいですか?ベッドですか?まずはこれだけでも選び方があります。

当店の羽毛ふとん、シングルサイズで見ても0.3㎏~1.3㎏と幅があります。当店で一番多いものは1.2㎏です。
そして、同じ重さでも膨らみ方が変わります。そして体感が違ってきます。それは羽毛の質であったり、生地の質が関係します。

最近のマンションなどは、従来のような羽毛ふとんよりも少し量が少なめのもので1年中過ごされる方が増えています。少し寒いときには肌に当たる部分に薄い毛布を使ったり、あったかカバーを使って調節できるようにできるので使い勝手がいいのです。0.8㎏~1.0㎏をお選びになることをおススメします。

また、敷寝具の環境も大きく影響します。敷寝具をあたたかくすることで、上を軽くすることもあります。背中に当たる部分がとても大事です。いくら羽毛ふとんがあたたかいものを選んでもあたたかさを感じないのは敷が寒い可能性があります。

本来、羽毛ふとんに熱があるわけではなく、自分の体温をいかに逃がさないかが羽毛の役目です。だから自分の体温が冷たい状態ではなかなかあたたまりません。そこで敷寝具をあたたかくしてみてください。そうすると体温が上がり、羽毛も快適になります。

それを踏まえて選んでみてください。そして必ず体にフィットするか実際に体験したり、その時に偏らないキルティングであるかを確認してくださいね!長く使うものなので選び方は慎重にしてくださいね!






睡眠のことや寝具のことなどお気軽にお問合せください。
(営業時間 9時~18時30分)

電話番号:083-922-0850